カテゴリー: 分散修繕

築40年を過ぎたビル・マンションのリクス

築40年を過ぎたビル・マンションは、以下のリスクが高まります。 電気; 漏電による停電や漏電火災のリスク 給排水; 排水管の漏水、水の水質の劣化、ほかにも屋上・外壁からの雨漏りのリスク 生命の安全; 外壁落下、看板落下、 […]

続きを読む

分散修繕計画は従来の修繕計画とは違います

分散修繕の計画をお勧めするにあたり、一つ強調をしておきたいのが、分散修繕計画と従来の修繕計画は違うということです。 だから、昔作った大規模修繕計画があるから大丈夫、だとか分散修繕のために、大規模修繕計画を作ってもらおう、 […]

続きを読む

ビル・マンションの分散修繕は計画的に行いましょう

ビル・マンションの分散修繕は計画的に行いましょう。 分散修繕は、計画的に取り組むことができます。 そこが緊急修繕とは違うところです。 計画的に取り組むメリットは、 計画的に資金準備ができる       検討の時間を十分に […]

続きを読む

建物設備は一度に全部更新する必要はないです

日本では、古い老朽化建物をどうにかするというと、 大規模修繕やリノベーションといった、一度に問題を解決しようと考えられがちですが、それでは高額すぎて、修繕積立金制度のない中小ビル・マンションでは、なかなか取り組めません。 […]

続きを読む

老朽化建物設備には延命更新が必要です

電気、給排水等の建物設備の老朽化によるトラブルは、いくら都度修繕対応をしても、原因を解決しない限り続きます。 原因を根本解決するには、原因となる設備を、延命もしくは更新するしかありません。 電気の場合、築50年前後で、電 […]

続きを読む

築50年ビルは何が問題か

ビル・マンションが築50年前後になると、 建物設備が老朽化します。また機能不足がでてくる場合もあります。 具体的に何が問題かといえば、電気、水、生命の安全といった建物の基本インフラ機能が、脅かされます。 電気; 漏電によ […]

続きを読む

ビル・マンションが40年で老朽化と言われる理由

ところで、日本ではビル・マンションの寿命が40年60年という声が強いですが、それは正しくありません。 コンクリート寿命が60年とも言われますが、それは条件の悪い土地で吹きさらしの場合です。 ビル・マンションは外壁を塗装も […]

続きを読む

中小ビル・マンションの分散修繕とは

分散修繕は、築40年超ビル・マンションの建物設備老朽化による基本インフラ停止や重大事故リスクを回避し、時代の要求水準に合わせた機能を提供するための建物設備の延命更新工事を、現実的な資金計画に合わせて、重要な基本インフを中 […]

続きを読む