Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/7/sd0834527/blog.builo.jp/wordpress-4.9.6-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-includes/post-template.php on line 284

排水管 時に建物経験豊富な管工事業者に見てもらおう

さて、
時々漏水を起こすようになった排水管をどうしようという話の続き。
3Dプリンタで給排水管工事が安く柔軟になる時代がくる・・まで待てれば良いが、その前に漏水回数が増えれば、悠長に待っていられない。

が、こうした場合にしばしば聞くのが、

「都度修繕はしている!!」

「付き合いある水道業者に相談しても、うーん、というばかりで。。。」

▲▽▲大学病院に行って診てもらったら▲▽▲

こうした言葉を聞くたびに、私が言いたいのは一言。
もっと建物経験のある水道工事業者に相談してみれば?

これは、例えば、
親しい友人が、最近時々みぞおちが痛くて寝込むと言うので、
心配して病院は?と聞くと、
「毎回近所の医者行って薬もらってるから大丈夫。」
「近所の医者に聞いても、よくわからないって言うんだよね。。」

と、答えられるようなもの。

「大学病院に行って、ちゃんと診てもらった方が良いよ」

と言いたくなるのではないだろうか。

そして、もし評判の高い医者を知っていたら、教えてあげるかもしれない。

建物の問題も全く同じ。
問題が何度も起これば、根本解決ができる専門業者探すべきです。

▲▽▲簡単に見つからない▲▽▲

ただ問題は、ビル・マンションの排水管横管の更新、
特にスラブ下配管のような難度の高い場合、誰に相談をすべきか、
これが難しいことだとは、熟知している。

簡単に見つからりゃ、そりゃ探している。

▲▽▲管工事の業者は3タイプ▲▽▲

そこで建物の給排水管工事の見方だが、

建物の給排水管工事をする業者は、次の3つに分類できる。

1 漏水補修、内装工事付随配管工事の専門業者
2 デベロッパー/分譲マンション大規模修繕の下請け等で建物配管工事の経験豊富な専門業者
3 全て対応する大規模修繕業者や建築系業者

相談したいのは、もちろん2だ。

しかし、それが難しい。。

▲▽▲何しろ20年前は需要がなかった▲▽▲

私たちが理解をしたいのは、
日本のビル・マンションの多くは70年代以降に建っており、
それ以前築で長く建っているビル・マンションの数は本当に少ない。

20年前は、今築50年のビルでさえ築30年

そろそろ漏水事故が出てくるか出てこないか、
まだ問題のあるビル・マンションは本当にわずかだった。

つまり対応している専門業者も本当にわずかだった。

だからいつもお願いしている給排水管修繕の業者が、延命更新にはっきり答えてくれなかったとしても、その専門業者のせいではない。案件がなく経験を積む機会がなかったのだ。

しかも、設備工事業者は一般向けの営業をあまりしない。
だから余計にわかりにくい。

そこでビジネス機会、と新しい技能習得を頑張るかといえば、
どうでしょう。今は人手不足、かつ平均年齢の高い後継者不足業界です。。

ともかく、「うーん」という業者や「古い建物にお金をかけるのは無駄」という業者は、
結局自分は難しい工事はやりたくない、と言っているのと同じ。
やる気がない相手には相談できない。

よくある相談は、引き続きお願いするとして、分散修繕対象のこうした重大工事は、別に専門業者を探すしかないですね。。。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*

CAPTCHA