Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/7/sd0834527/blog.builo.jp/wordpress-4.9.6-ja-jetpack_webfont-undernavicontrol/wp-includes/post-template.php on line 284

ビル・マンションの分散修繕は計画的に行いましょう

ビル・マンションの分散修繕は計画的に行いましょう。

分散修繕は、計画的に取り組むことができます。 そこが緊急修繕とは違うところです。

計画的に取り組むメリットは、

  • 計画的に資金準備ができる
  •      

  • 検討の時間を十分にかけることができる
  • それぞれの設備を使えるだけ長く使い倒す、というのは理想ですが、設備は1つではないので、
    劣化が時期が集中すると、その時期の延命更新資金確保が難しい。
    その上どうしようもなくなってから急いで決めると、どうすべきか十分な検討の時間が取れず、無駄や失敗のリスクが高まります。

    築年を重ねた中小ビル・マンションにとって、1番の敵は修繕が必要なのに修繕資金がない!状況です。

    そうならないために、実際に建物設備の老朽化問題深刻化が集中するのは、築40年をすぎて築50年前後ですが、築30年をすぎたあたりで取り組み始めることをお勧めします。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *

    CAPTCHA